おすすめツーリングバッグ特集!!

おすすめツーリングバッグ特集!!

「月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり」人生はしばしば旅に例えられます。
松尾芭蕉も「奥の細道」の冒頭にて、「旅に出たい・・・」と繰り返し述べています。
日々の生活の中で、突然に思い立って、バイク旅に行きたくなることはありませんか?
しかしながら、忙しさや準備の煩雑さから、億劫になり断念してしまうこともあります。
本日は、旅を始めるハードルを一段下げる、
手軽なサイズのツーリングバッグをタイプ毎にご紹介いたします!
最低限の装備で気軽に旅に出ましょう!!


【ウエストバッグ】
腰にしっかりフィットするため、装着時も動きの邪魔になりにくいのが強み。
必要な物だけをコンパクトに収納でき、停車時に物を取り出すのも容易です。
ちょっとしたお出かけなど、様々なシーンで活用可能。
バリエーション豊富な付け方ができるので、コーデの楽しみ方も広がりますよ!

肩掛けすると取り回しが良いので愛用している人も多いようです。
素材も様々ですので、レザーであれば普段もおしゃれに利用できます!


【レッグバッグ・ホルスターバッグ】
レッグバッグ・ホルスターバッグとは、腰と太ももに固定して装着するバッグのこと。
使い勝手のよさから、バイク乗りに支持されているアイテムです。
ハンドル操作に干渉せず、運転の邪魔になりにくいのが大きなメリット。
リュックより荷物を取り出しやすく、ウエストバッグのようにシートと干渉することもありません。
容量が小さめではありますが、財布・スマホといった必要最低限の荷物用です。
ちょい乗りなどで貴重品を持ち歩きたいシーンでは便利に使えます!
上質感のあるレザーからスポーティなものまでデザインも幅広いので、どれにするか迷いますよね!


【タンクバッグ】
タンクバッグの一番のメリットは、すぐ手の届くところに小物を入れておくスペースができることです。
バイクの重心の変化が少ない点も、タンクバッグを取り付けるメリットです。
重心の変化が少ないため、運転しにくさを感じません。
本体の上に持ち手がついているタイプを選ぶと、楽に持ち運べます。
ベルトが付いているタイプは、ショルダーバッグとしても使用できます。
タンクバッグの設置場所が給油口の上になるため、給油の度にタンクバッグを取り外さないといけない点は、
デメリットとなりますが、身体に装着しない自由には、代えがたいものがありますね!


【テールバッグ】
リアバッグ・テールバッグなどとも呼ばれる、バイク用シートバッグ。
サイドバッグに比べて荷物を積んだ際の安定感がよく、

取りつける車両も選ばないため、ツーリングが多い人ならぜひ活用したいアイテムです。
リュックを背負って長時間運転していると肩が凝ることもありますが、
シートバッグを使用すれば体に負担がかかりません。

シートバッグの取りつけ方は、リアシートを外して固定ベルトを挟む方法と、
車体フレームに固定ベルトを接続する方法の2種類です。

リアシートを外して固定ベルトを挟む方法は、
一度固定ベルトを取りつければワンタッチでバッグの取り外しができる点が魅力!

停車時の荷物管理も簡単です!
拡張できるタイプは、ファスナーの開閉によって収納容量を増やすことができます。
お土産なども気にせず購入できますね!(笑)


いかがでしたでしょうか?
ライフスタイルに合わせて、普段使いができるもの。
また、バイク乗車専用に利用するなど選択の幅は広くなっております!
お気に入りのバッグで気の向くままにバイクを走らせることは、
最高の気分転換になりますよね!
掲載商品に限らず、弊社取扱の商品で気になるものがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
これから梅雨の時期となりますが、突然の晴れ間など、
短い時間でも快適なバイクライフをお過ごしくださいませ!